bottom

健康的な美へ導くトータルサポートクリニック&サロン「銀座スキンクリニック」

しわ・たるみ

しわ・たるみ

内的要因+外的要因でしわやたるみが発生

年齢を重ねるとともに、肌の内側で皮膚の弾力性を維持する真皮層のコラーゲンやエラスチンは減少・変性していきます。

また、お肌の表面の表皮においても、ターンオーバーが遅くなるため角層が加齢とともに分厚くなり、保湿機能が十分働かず柔軟性がなくなります。

これら内的な要因によって、皮膚全体の組織の機能が低下して、やがてしわやたるみとなるわけです。

さらに、紫外線、乾燥などの外的要因が重なると、しわ・たるみはさらにできやすくなります。紫外線による“光老化”がエイジングサインの大きな原因です。

紫外線の中でも特にUV-Aは、真皮まで到達してコラーゲン繊維を切断し、エラスチンを変化させてしまいます。弾力を失った皮膚はたるみ、ひだを作ってしわを発生させます。

また、加齢とともに、皮膚だけではなくその下にあって肌をささえている脂肪や筋肉、骨格までも変化していきます。皮下脂肪や筋肉が痩せ衰えていくと、その部分がくぼみ、メリハリのあるラインが失われてフェイスラインはたるんでしまいます。

そのように、皮膚がうすくなりくぼんでしまったところ、特に筋肉の運動量が多いところはしわができやすくなります。目の回りはその典型で、目尻やおでこなどにしわが出やすいのはこのためです。

しわのもうひとつ外的原因は乾燥です。角層の表面が乾いて皮膚の水分量も少ないと皮膚が薄くなり小じわとなるのです。

20代の頃は乾燥などによって一時的な症状で済みますが、30代を過ぎると本物のしわとなってしまうのです。

しわ・たるみ改善の治療法はお悩みの部位やできかたによって多彩

肌の張りを出し新しいコラーゲンを増やすレーザーやIPL(スーパーフォトなど)照射は、しわ治療あるいは若々しい肌に変えていく治療法の代表格です。効かせたい皮膚の深さやダウンタイムの違いで、さまざまな機械が毎年のように出てきています。

即効性という意味では、ヒアルロン酸や細胞成長因子ビタミン・アミノ酸を注入するメソテラピーが挙げられます。メソテラピーはさまざまな美容の成分を繰り返し肌に補っていくことによって、かなりしわが目立たなくなってきます。

特に拡散性の高いヒアルロン酸の注入は1回の施術でも、もちもちした肌を実感でき、乾燥が改善します。

目の下のくぼみや、頬が平らになってきた、頬のくぼみ、口周りのやせによるしわなど、皮膚及び皮下組織の萎縮によってできてきているしわには、ヒアルロン酸注入をお勧めします。近年、よりナチュラルで効果が長くもつように、さまざまなタイプのヒアルロン酸がつくられてきています。

部位、目的によってそれらを使い分けてしわの部分あるいはしわを作る原因となっている皮膚がうすくなっている場所全体に注入します。30分程度のクリーム麻酔後に行うため、ほとんど痛みはありません。

施術が終わった瞬間に、違いを実感していただけるため、銀座スキンクリニックでも非常に人気のある施術です。しわやくぼみだけではなく、乾燥肌にならなくなったという嬉しい声もよくお聞きします。

ペレヴェの詳細はこちら>>

レーザーの詳細はこちら>>

IPL(スーパーフォト)の詳細はこちら>>

メソテラピーの詳細はこちら>>

ヒアルロン酸注入の詳細はこちら>>

また、表情筋の動きが一番の原因であるしわには、おなじみになってきたボトックス注入です。神経伝達物質アセチルコリンの分泌を防ぎ、しわを作る筋肉の動きを調節することで表情筋によるしわを作らないようにします。

代表的なのは、眉間のたてじわ、おでこのしわ、カラスのあしあととよばれる目尻のしわ、あごのでこぼこした凹凸などです。そのような部位は同時に皮下組織の委縮も伴うことも少なくないため、場合によってはヒアルロン酸の注入を追加することもあります。

ボトックス注入の詳細はこちら>>

たるみにはレーザーやRFは万能ではありません

年齢とともに気になってくるフェイスラインのたるみ、それは肌のコラーゲンやエラスチンなど、そしてその下の支持組織が衰えることによっておこってきます。同時に、リンパの流れのうっ滞など新陳代謝の低下による脂肪の蓄積もおこっていることもよくあります。

たるみの治療として、さまざまなRFや近赤外線領域レーザーなど高出力の機器が市場に出ています。確かに深いところまで熱反応はおこりますが、その効果は残念ながら一様ではありません。

特にRFの場合は皮膚や皮下組織における熱反応の基礎データは少なく、それが結果として、初回のみ効いたが2回目以降は全く変わらない、とても効果が出た人がいる半面全く効かない人もいるという結果になっています。

効かないからといってむやみに高出力で治療すれば思わぬやけどや瘢痕の副作用にもなりかねず大変危険です。

たるみの治療は、レーザーやRFによる熱反応の治療だけではなく複合治療がより効果的です。その方の状態によって、肌の張りを出す治療(レーザーやメソテラピーなど)や、皮下脂肪やリンパの流れを改善する治療(メソテラピーやメディカルアロマテラピーなど)を組み合わせて行います。

肌の張りがおとろえて、さらにうっ滞による皮下組織のもたつきがあれば、肌の張りを出す薬と脂肪やうっ滞を促す薬を、それぞれ別のテクニックによるメソテラピーを組み合わせて行います。

もし首の筋肉がとても硬直していてそれがたるみの原因である場合にはボトックスを使うこともあります。

メソテラピーには興味あるが注射は不安という方には、メソアクティスという弱い電流をかけて一時的に肌に物質を導入できる方法(メソポレーション)をお勧めしています。

注射でなければ肌を通過しない分子量の大きなさまざまな薬剤成分を、痛みのストレスなくお肌に入れていきます。水分もかなり入るため、即時にみずみずしくハリのあるお肌が期待できます。

メソテラピーの詳細はこちら>>