bottom

健康的な美へ導くトータルサポートクリニック&サロン「銀座スキンクリニック」

ニキビ

ニキビの原因と種類

ニキビは、毛穴がふさがれて皮脂がたまり、アクネ桿菌(かんきん)が増殖して炎症を起こすことが原因。初期の段階を「コメド」といい、毛穴の入り口の角化異常による皮膚(表皮、角質)の肥厚、つまり毛穴が詰まった状態となっているのです。

ちなみに、頂点が白いものを白ニキビ、毛穴にメラニンが増えて黒く見えるものを黒ニキビと呼びます。そして、もともと皮膚の常在菌であるアクネ桿菌などがさらに増えてくると、赤く腫れて炎症性のニキビになるのです。

最近マスコミで「大人ニキビ」という言葉が頻繁に聞かれますが、基本的にニキビができるメカニズムは10代と何ら変わりありません。ただ、悪化をもたらす皮脂の分泌の活性化が、思春期は生理的に男性ホルモンが増加する要素が強いのに対して、大人では心身のストレスが強く関係すると考えられています。

20代以降は頬から顎にかけてのヒゲのエリアである「Uゾーン」にニキビができやすいのも、ホルモン性ではないかとの推測の背景となっていますが、医学的な根拠は明らかにされていません。また、顔・クビの上方にできることもよくあります。これに対する理 由もまだ明らかにされていません。試験前に悪化するという疫学的論文もあり、精神的ストレスや睡眠・栄養不足が何らかの形で関与することは明らかですが、詳細はまだまだ不明です。

一方、ストレスや紫外線、タバコなどにより、皮膚内の活性酸素が増えることがニキビ悪化の要因であることもわかっています。以前から皮膚科で外用ビタミンCローションが処方されてきたのは、この活性酸素を取り除く抗酸化作用による効果を期待してのものです。

なお、しつこいニキビの場合には、婦人科的な病気やホルモン異常など、基礎疾患に原因があるとも考えられます。下手に自己治療や化粧品類に頼らず、皮膚科の専門医に診察してもらった方が良いでしょう。

ニキビの治療

日本では、世界各国で標準治療薬であるビタミンA酸的外用薬(トレチノイン、アダパレン)が長らく認可されておらず、「ニキビ治療の後進国」の状態を大変残念に感じていました。

当クリニックでは、開院以来自由診療でトレチノイン外用を処方してきましたが、2008年10月にやっと日本でもアダパレンが保険で使用できるようになり、これで世界の標準治療にやっと一歩近づけました。慢性的でも軽度であれば保険外用剤で治療を維持する道が開けたというわけです。

その一方で、炎症が強く慢性的な症状が続き、赤い痕が残ったり、凹んだ痕(瘢痕)がある場合には、残念ながら保険治療だけではカバーが難しいのが実情です。抗生物質内服は新しい炎症性のニキビを抑えますが、以前から懸念していた長期服薬による耐性菌の問題は、最近ようやくクローズアップされてきています。

今後はより適切な抗生剤内服が推奨されてくるでしょうが、いずれにしても赤いポツポツが引いた後の赤い痕に抗生剤内服は効果が見込めません。こうした症状には、保険は効かないものの光治療やケミカルピーリングが効果の高い治療と認知されています。

日本皮膚科学会のニキビ治療ガイドラインでも同様の考え方が示されています。長引く赤みや瘢痕には様々なレーザー・光治療の学術報告が出てきており、高い効果が期待できます。ビタミンC導入の方法も従来のイオントフォレーシスより、大量に導入できるエレクトロポーレーションなどの技術が発展し短期間での治療が可能になってきています。

ニキビ治療の最終ゴールは、炎症後の瘢痕(ニキビ跡)を防ぐことです。くぼんだニキビ跡は治すのが非常に大変です。10代であっても、ひどい場合は早めの治療をお勧めします。

治療方法の例

1.光治療(スーパーフォト)

スターラックスという最新鋭のフォトフェイシャルタイプの照射で、炎症で開いた血管に選択して作用し血管を縮めることで、赤みが消えていきます。また、内因性ポルフィリンに反応して発生した一重項酸素(活性酸素の一種)がアクネ桿菌などの細菌や皮脂腺の細胞死を起こさせます。

白ニキビや、膿んだり赤い炎症のあるニキビの数を減少させることもわかっています。キメを整える効果があり、部分的な応急処置としても有効です。毛穴の開きや皮脂が気になる方にもお勧めです。

丘疹・膿疱の改善ニキビ痕(赤み)の改善

フォトフェイシャル(IPL)の詳細はこちら>>

2.ケミカルピーリング

角質が剥がれやすくなり、表皮という皮膚の表面の細胞のターンオーバーを改善するため、毛穴のつまりがよくなります。また、ニキビ菌の殺菌作用があり、炎症(赤み)に対する効果も知られています。ニキビ後の茶色いシミを薄くして明るい肌色に導く効果もあります。

ケミカルピーリングの詳細はこちら>>

3.Nd:YAG(ヤグ)・CO2(炭酸ガス)レーザー

繰り返し照射することにより、真皮のコラーゲンを増加させ、くぼんだニキビ跡や毛穴を少しずつ改善していきます。ケミカルピーリング施行後に行うことで、より強い効果が期待できます。

このほか、ビタミンC外用、ビタミンC導入(超音波・イオン導入、エレクトロポーレーション)、スピロノラクトンの内服など、1人ひとりの症状やご希望に合わせて組み合わせていきます。場合によってはホルモンや重金属蓄積などの検査を施します。

レーザーの詳細はこちら>>

ニキビの予防(体質改善的に)

ニキビになりやすい方は、もともと体質的に皮脂腺が発達しているか、皮脂腺の数が多い可能性があり、いったんニキビを治しても、ちょっとしたストレスや睡眠不足などで再発しやすいと考えられます。10代の頃にもあった方、しつこく背中にできる方はとくに体質的な要素が大きく、要注意です。治療によってニキビが良くなったあとも、予防に努めましょう。

1.ニキビ用の化粧品を使う

皮膚科医として次の2つの機能を持つ化粧品は、ニキビ対策として効果的だと考えます。

(1)ビタミンC(誘導体)入りのもの

化粧品というよりは外用薬に近く、多くの皮膚科専門医が効果を認めています。抗酸化作用により活性酸素を除去し、炎症を抑えて赤みを改善します。また、皮脂抑制、毛穴のひきしめ、コラーゲンの合成も明らかにされています。メラニンを還元する、メラニンの合成を抑制する美白効果により、ニキビ跡のシミをなくしていきます。

正確には「ビタミンC誘導体」といって、皮膚に浸透して初めて生体内でビタミンCとして作用します。その製剤は大きく分けて以下があります。

◇VCPNa、VCPMg

VCローションの草分け。親水性のため皮膚を通過しにくい。

◇VCIP

親油性のため皮膚によく浸透するが、ややビタミンCとして働きにくい。クリームとして配合されることが多い。

◇APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)

親水性、親油性双方の性質を持つ誘導体。最近活用されるケースが目立ってきたもので、従来の親水性のものよりはるかに皮膚浸透性が高く、結果として皮膚の中でビタミンCとしての働きが強い。活性酸素除去、コラーゲンの生成などもはるかに高い。
VCローションは、まれに刺激があったり、つっぱり感や赤みが出る方がいらっしゃいます。その場合はローションタイプよりクリームタイプを使用することをお勧めします。

(2)ケミカルピーリング作用のあるもの

ホームピーリングという概念で、効果が実証されているケミカルピーリングを、ご自宅で弱い濃度で行うというものです。

1回の効果はクリニックの施術ほどではありませんが、濃度が低いためトラブルが少なく、毎日コツコツ続けることで、肌のくすみもとれ、キメが整う効果も期待できます。

ちなみに、一般販売されているプロアクティブはこのジャンルの代表ですが、日本人の肌には刺激が強く、使用後のトラブルで皮膚科受診する方が少なくありません。海外製のピーリング化粧品には注意が必要です。

2.ディフェリンの継続的な塗布

「microcomedo(微少面ぽう)」という、肉眼では何もないのに顕微鏡にはすでに角化異常というニキビの初期症状が始まっているケースが知られてきました。この段階で症状を抑えれば、目に見えるニキビが出なくて済むというわけです。なお、一見何もなくなっても、しばらくの期間は外用剤での治療が推奨されます。

3.レーザー・光治療やケミカルピーリング、ビタミンC導入の継続

悪化時の治療としてはもちろんですが、いったん症状が落ち着いた後の維持療法としてもお勧めします。とくに光治療(IPL)は、施術後しばらくは化粧のりがいいとか、皮脂が出にくくなった、1回やるとしばらくは出にくいという声をいただいています。きめを細かくしたい、毛穴を目立たせたくない、シミを予防したいといった美肌対策もお考えの方に最適です。

4.抗アンドロゲン療法

スピロノラクトンという内服薬を使用して、アンドロゲン(男性ホルモン)による皮脂の分泌や皮脂腺の発達を抑えます。アンドロゲンが代謝されて皮脂腺の細胞のアンドロゲン受容体に結合するのを妨げることによって、ニキビを改善します。

特ににアゴに集中してできる方や、生理前に悪化がみられる方に効果的で、早ければ1ヶ月程度で効果が表れます。ただ、2〜3ヶ月を要する場合もあり、重度の方は初期のみ光治療やピーリングを併用すると良いでしょう。

初期は内服量が多いため、不正出血や生理不順の副作用がみられることもありますが、一般的に大きな副作用はありません。この薬は日本では利尿作用による弱い高血圧の薬として以前から保険が適用されてきた薬で、長期にわたって飲んでも、抗生物質に比較すれば副作用は大きくありません。

低血圧気味の方でもまず通常血圧の低下はありませんが、電解質バランスを変えて作用するため、念のために電解質の血液検査を時々受けることが必要です。また、理論上は男性胎児が女性化する可能性があり、内服中の避妊が必要です。男性の方は女性化乳房の可能性があります。

5.ビタミンA内服

重症のニキビの方に推奨されます。赤く腫れるニキビやしこりがある方、抗生剤を飲んでも反応しにくい方にはお勧めしますが、催奇性(奇形児が生まれるリスク)があるため、避妊を徹底していただく必要があります。

6.漢方薬内服

エビデンスは弱いものの、人によっては症状の軽快がみられます。保険適応がありますが、内服を中止すると症状が戻る方が多いようです。

代替(補助)療法

皮膚科としてのエビデンスはこれからですが、通常の皮膚科治療に限界を感じたり、抵抗ある方に。

1.アロマテラピー

銀座スキンクリニックでは、通常の治療には限界を感じたり、抵抗ある方に向けて、美容皮膚科の観点からこの「メディカルアロマテラピー」に着目しています。

メディカルアロマテラピーの詳細はこちら>>

2.メディカルエステ

毎日非常に強いストレスにさらされることが多い現代では、ニキビもストレスでが悪化することが明らかにされています。エステのリラクゼーション効果でストレスから解放し、ニキビの改善を促します。医療機関ならではの高性能な機器によるビタミンCの導入も併用できます。

メディカルエステの詳細はこちら>>

3.サプリメント療法

慌ただしい日常で十分なバランスのとれていない食事に対する栄養療法として積極的に補完します。まず、血液検査、基礎作りのためのマルチビタミン・ミネラルの内服からスタートします。

4.その他