bottom

健康的な美へ導くトータルサポートクリニック&サロン「銀座スキンクリニック」

毛穴

毛穴

きめ細かい肌の日本人女性を悩ます“毛穴問題”

きめ細かい日本人女性の肌は、外国人から憧れの的のようです。裏返せば、日本人女性の肌に対する意識は非常に高く、それゆえに多くの方が毛穴の悩みを感じています。ただ、毛穴の発生する理由など、タイプに応じた治療を見極めることが大切です。

タイプ別に適切な対処法を

◆ニキビ肌による毛穴には?

ニキビ肌は、皮脂が多く出て毛孔が開きやすく、ときに毛穴の黒ずみを目立せます。このタイプの毛穴対策としては、ケミカルピーリングやメソポレーションによるビタミンCやハイドロキノンの導入がお勧めです。

また、ホームケアとして、皮脂を抑制するビタミンCローションとターンオーバーを促すトレチノインの外用が効果的です。

ケミカルピーリングの詳細はこちら>>

メソポレーションの詳細はこちら>>


◆エイジングによる深い毛穴には?

もともときめ細かい肌だった方も、年齢とともに鼻やほうれい線から頬にかけて毛穴の開きが目立ってきます。帯状に縦長に見える場合は、皮膚のたるみが出てきているとも考えられます。

こうしたケースでは、ターンオーバーを促すピーリングだけでなく、毛穴の周囲の加齢とともに減少したコラーゲンを増やすためのレーザー治療やIPL(スーパーフォト)が効果的です。

また、メソテラピーで、ヒアルロン酸を注入したり、各種ビタミンやアミノ酸などエイジング対策の成分を大量に皮膚の奥に入れることでハリを出し、目立たなくする手法もあります。

ご自宅でじっくりがんばれる方には、コラーゲンを生成し、また表皮の厚みを出すトレチノインの外用などをお勧めしています。

レーザーの詳細はこちら>>

スーパーフォト(IPL)の詳細はこちら>>


◆乾燥による毛穴には?

皮膚が乾燥してくると、肌のキメが荒くなり、毛穴が目立つことがあります。乾燥した状態を放置することによって、浅いしわになったり、敏感肌になったりも・・・。

基礎化粧品を保湿剤に切り替えたり、メソポレーションやメソテラピーでヒアルロン酸などを皮膚の奥まで入れると症状が改善されます。代謝により自ら大量の水分を産生して肌の張りを出していくALA(アミノレブリン酸)の外用もお勧めです。

メソポレーションの詳細はこちら>>

メソテラピーの詳細はこちら>>