症状別ケア

ホーム > 症状別ケア > フェイスライン

フェイスライン

フェイスラインは整えたいが、メスは入れたくない――。女性としての美しさを求める一方で、やはりこれが本音ではないでしょうか。

そういう意味で美容皮膚科は、美を巡って理想と現実の狭間で悩む女性たちの本音に応えることができる医療分野だと自負しています。

いわゆる“プチ整形”と呼ばれる、メスを入れない治療を各種ご提供できるのが私たちの領域だからです。

こんなお悩みがあるの方

  • 二重あごが気になる
  • エラが張っている
  • フェイスラインがもたついている

当院での治療法

メスは入れたくないけど…という女性に

フェイスラインの悩みの中心はエラ、ぽっちゃり顔、二重あごですが、エイジングによるこめかみや頬のくぼみなどの輪郭の変化も、不自然でなく若々しく元気な表情に変えることができます。

実際、銀座スキンクリニックには、フェイスラインに関する悩みをお持ちの女性が数多く来院され、鼻のラインや頬のたるみ、二重あごなどの治療を受けられています。

治療法としては、まず、鼻やアゴのラインの形成が瞬時にでき、くぼみに対するリフトアップ効果が得られるヒアルロン酸注入が挙げられるでしょう。

ヒアルロン酸は時間がたつと代謝されてしまうので、また将来の注入が必要になってしまいます。ただ、その頃は注入部以外の輪郭もエイジングによって変化していきます。その微妙な変化にあわせて次の機会に微調整できるのも、代謝されてなくなってしまう製剤だからこそです。また、半永久的に残存するものは将来的な異物拒否反応が心配です。

頬から顎にかけていわゆるエラガ張った感じの輪郭を整えるには、硬く厚みのある筋肉を萎縮して薄くしていくこともできるボトックス注入も効果的です。

一方、エイジングによるたるみのため、あるいは若くても気になる二重あごやフェイスラインのもたつきには、皮下脂肪や皮下組織のうっ滞を改善したり、肌の張りを出す薬剤を注入するメソテラピーが有効です。

針を使うような治療は苦手という方のためには、メソポレーションによる穏やかな薬物導入やメディカルエステのハンドマッサージ、メディカルアロマによる代謝・排泄促進など、さまざまな治療法をご提案させていただいています。

いずれもメスを使わないで美しいフェイスラインが手に入るとともに、身体への負担が少なく日常生活にほとんど支障がないため、非常に満足していただいている治療です。

これを機にぜひ美容皮膚科による“お顔のダイエット“に取り組まれてはいかがでしょうか?

その他の症状別ケア

  • 乾燥肌・敏感肌

    本来問題のない刺激に対しても肌が過敏に反応してしまい、いわゆる敏感肌になってしまいます。症状に応じた適切な治療を提案させていただきます。

  • シミ・美白

    美白を邪魔するシミ。ただ、一口に「シミ」といってもその種類はさまざまで、治療のアプローチ方法も変わってきます。適切に対処していくことが重要です。

  • 肝斑

    頬骨あたりや額、口の周りなどに左右対称に出来るシミです。輪郭がハッキリせず、もやっと薄い褐色で現れる事が特徴です。適切に対処していくことが重要です。

  • しわ

    コラーゲンやエラスチンは減少・変性や、紫外線、乾燥などしわになる原因はさまざまです。症状に応じた適切な治療を提案させていただきます。

ホーム > 症状別ケア > フェイスライン

ACCESS

〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアビルII 3F
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」B4またはC8出口より徒歩2分
JR有楽町駅より徒歩5分

OFFICE HOURS

完全予約制
休診日:火曜日・日曜日・祝日

 
10:00~18:00      
10:00~20:00            
ご予約
オンライン診療
Facebook
Twitter
Line