bottom

健康的な美へ導くトータルサポートクリニック&サロン「銀座スキンクリニック」

乾燥肌・敏感肌

乾燥肌・敏感肌

角層の衰えで肌のバリア機能が低下

お肌の表面を覆う角層は、外界の刺激や雑菌、またアレルギーを引き起こす抗原「アレルゲン」からお肌を守るバリアの役割を果たしています。

正常な肌は、皮脂膜から分泌される皮脂と角層に含まれている適度な水分が混ざり合い潤いが保たれています。

ところが、角層の水分が減ってお肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下します。本来ならば真皮にしかない神経線維が、乾燥状態では表皮までのびていることが確認されています。

そのために、本来問題のない刺激に対しても肌が過敏に反応してしまい、いわゆる敏感肌になってしまいます。

乾燥から来る敏感肌は美の大敵

乾燥肌の原因としては、表皮の水分や角層を覆う皮脂膜の分泌が加齢・老化により低下することのほか、気温や湿度など環境の変化に身体が対応しきれない場合などが挙げられるます。

また、喫煙や食事、ストレスや睡眠不足といった生活習慣から、からだ全体の不調により機能が低下することもあります。

意外と多いのが、日常的に使用しているスキンケアアイテム自体の問題です。年齢とともに肌の水分が低下しているのに、クレンジング力の強すぎるオイルなどでメイクオフをしているために、人工的に乾燥肌をつくっていることも少なくありません。

いずれにしても乾燥から来る敏感肌は、美肌作りにとって百害あって一利なし。ややもすれば体質的なものとして諦めてしまう方も多いのですが、美容皮膚科医にぜひご相談いただきたい症状の1つです。

イオン導入やノーニードル・メソテラピーが有効

乾燥肌の改善には、ヒアルロン酸やビタミンCをはじめとした各種美容成分を肌の奥まで効果的に届けるノーニードル・メソテラピーであるメソアクティスや、超音波・イオン導入などが効果的です。

メソポレーションの詳細はこちら>>

イオン・超音波導入の詳細はこちら>>

銀座スキンクリニックでは、まずお肌の状態をじっくり診察させていただき、症状に応じた適切な治療を提案させていただきます。