院長挨拶

ホーム > 院長挨拶

院長挨拶

Profile

日本医科大学卒業。同大学麻酔科研修後に皮膚科に勤務。フランス・パリのサンルイ病院皮膚科で臨床研修、パリ大学に論文提出。日本医科大学医局長・講師を経て、ハーバード大学皮膚科で3年間レーザーの基礎・臨床研究を行う。帰国後、日本医科大学美容皮膚科外来責任者としてレーザー治療の指導に当たる。2005年銀座スキンクリニック開設、08年移転。開業後も学会での講演や論文発表、各種治験や臨床研究の受託など多数。
医学博士
日本皮膚科学会専門医
日本レーザー医学会認定医
日本抗加齢医学会認定専門医

おかげさまで銀座スキンクリニックはメディカルモールからの移転独立をしてから早くも1年半がたちました。いまだに移転前の患者様がさがして来院してくださり、多くの皆さまの支えに心から感謝申しあげます。

美容医療との初めての出会いはフランス留学時、始まったばかりのグリコール酸によるケミカルピーリングでした。その後、大学病院皮膚科としてはいち早くピーリングを導入。さらに医学的根拠のあるレーザー治療を学ぶため、レーザー脱毛を開発したハーバード大学のDr.アンダーソンに3年間師事しました。この時の研究テーマの1つだったレーザーによる薬物導入の臨床研究を通じて出会った「メソアクティス」が、いま注目を浴びています。

美容皮膚科の領域は、日進月歩で変化・成長し続けています。その一方で、さまざまな治療法や機器・薬剤のなかには、まだ医療としての効果や安全性の検証が乏しいままに最新だからという理由だけで広まっているものも少なくありません。これまで学会での招聘講演や論文発表、市民セミナー等活動に取り組んできたのは、一般の方々に美容医療の正しい知識と理解を深め、もっと身近に感じてもらいたい、そんな思いからです。

美容あるいはエイジング医療には、表面的なみかけの治療でなく、全身の状態あるいは体内との関係を考えることが大切です。皮膚という臓器は、ときに独立し、ときに全身とのかかわりをもって働いているからです。

長年の皮膚科専門医ならではの経験・知識を活かし、これからも、最先端治療のための治験受託やニキビの光治療など新しい治療の確立のためのモニターなど、美容皮膚科の発展のため、そしてそのような新しい医療を安心して享受していただけるよう力を尽くしていきたいと思います。

いくつになっても、そして女性だけでなく男性も、毎日イキイキと輝いて生きるためのエッセンスとして、ぜひ美容皮膚科とながーくおつきあい頂ければ嬉しいです。

一般皮膚科診療について

皮膚科の網羅する範囲は驚くほど幅広いです。肌あれ、かぶれ、ニキビ、いぼ、水虫、アトピー性皮膚炎、乾癬、掌跡膿疱症、じんましん、全身ウイルス感染症、膠原病、良性腫瘍・皮膚がん、切り傷、やけど……。

食餌アレルギー、虫さされ、やけどなどの急性疾患がある一方、長く経過をみていかなければいけない病気も大変多いです。確定診断のためには、血液検査やアレルギーのテストだけでなく、場合によって、組織検査(皮膚生検術)が重要になることもあります。

皮膚はまさに全身の"WINDOW"―心身の状態を反映していることも少なくありません。

皮膚に何も病的な状態がなくても、不安やストレスからかゆみを感じることもあります。皮膚は毎日の変化がご本人にもみえるので、時にご不安になることもあるかもしれませんが、まさにその心の状態が経過を左右することがあるのです。

また、皮膚のちょっとした変化が全身あるいは内臓疾患のサインのこともあります。内科、婦人科、心療内科など基礎疾患が疑われる場合、あるいはより専門的な検査や治療が必要な場合は、近隣の専門科あるいは大学病院などの高次機関と連携して治療に取り組んでいます。

皮膚科疾患は慢性的なものが多く、再発を防ぐために体質を変えたい、原因を調べたいという方も少なくありません。しかしながら皮膚疾患には、保険内でのアプローチではまだまだ診断がついても皮膚科学的に原因が不明のものが多いのです。まず対症療法を始めて頂くことが必要の場合もあるということをご理解ください。

保険の範囲ではありませんが

科学的根拠がでてきても、診断や治療が保険適応となるまではかなりの年月を必要とします。

銀座スキンクリニックでは、長年のレーザーの経験・知識を生かしてイボや酒さなどの治療に対するレーザー治療に積極的にとりくんでいます。また、アトピー性皮膚炎など慢性疾患の治療にメソアクティスによる経皮的薬物導入やメディカルアロマテラピーなどの新しい方法、そして、NAG(N-アセチルグルコサミン)やALA (アミノレブリン酸)をはじめとする基礎医学的エビデンスのある新しい成分による治療も導入しています。

また、必要に応じて、慢性疾患の原因を根本的に探るために、エイジングに関連する検査、慢性フードアレルギーや重金属蓄積の検査、サプリメントやホルモン補充療法などをご提案させていただいています。

診断・治療方針などわからないことやご不安があれば何でも医師やスタッフにおたずねください。専門的なことで難しいかもしれませんが、ご自身のことです。ぜひ内容を理解し納得していただいたうえで一緒に病気に立ちむかっていきましょう。

ホーム > ダミー

ACCESS

〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアビルII 3F
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」B4またはC8出口より徒歩2分
JR有楽町駅より徒歩5分

OFFICE HOURS

完全予約制
休診日:火曜日・日曜日・祝日

 
10:00~18:00      
10:00~20:00            
ご予約
オンライン診療
Facebook
Twitter
Line